読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日も著変なし

秩父のログハウスで山と川を眺める日々、

秩父空き家バンクにてログハウスを購入! 登記簿登録&引き渡し

ついにこの日がやってきました。

この日は、あらかじめ想定していましたが、過密スケージュールでした。

 

役場にて転入届を提出

f:id:hiro89898989:20170428132129j:plain

といっても、マイナンバーの磁気で情報管理されているので、マイナンバーカードを見せるだけであろうと思っていましたが…

役場職員(男)「ちょうど機械が故障してまして発行できません」

 

おい(笑)

いきなりトラブルかいー

しかもいつ復旧するかわからないとおっしゃっているではないですか。

これが田舎独特のゆるさなのか、お役所業務なのか。

すると、いざこざを察知してか女性職員が、

役場職員(女)「紙ベースでなら手続きが行えるかも」

 

なんのためのマイナンバーカードなのかと思いながら、紙へ記入を進めていきます。時間は大幅にロスしてしまいましたが、これによりなんとか無事に転入することができました。待ち時間に、助成金について話を聞くことができたので結果オーライか。

 

kata-hiro.hateblo.jp

 

銀行に向かい現金をおろす

さすがに、大金を持って行動するのは怖かったので、不動産屋近くの埼玉りそな銀行にて引き出すことにしました。

不動産屋からは、大金のため使用用途を聞かれることがあるかもと言われていましたが、特に何も聞かれずに引き出す事ができました。

f:id:hiro89898989:20170428132916j:plain

写真は一部ですが、震えました(笑)

現金を物件本体費用と仲介手数料、登記簿登録手数料、固定資産税日割り計算相当額に、それぞれ封筒に分け引き渡しに望みました。

 

不動産屋にて登記簿登録&引き渡し

不動産屋は秩父駅前にありました。駅前は結構栄えていて、飯屋やお土産屋さんがたくさんありました。時間ができたら、また訪れることにしよう。

f:id:hiro89898989:20170428133454j:plain

f:id:hiro89898989:20170428133400j:plain

おお、これだ!

 

不動産屋の中に通されると、すぐに売主さんとご対面。60歳前後の品のあるご夫婦でした。

最初は、お互いに緊張した面持ちでしたが、不動産屋や司法書士さんが話をふってくださり良い雰囲気で取引を行うことができました。

取引は30-40分程度で終わりました。

その後、売主さんから色々と話しておきたいことがあるということで、一緒に物件に向かうこととなりました。

 

いざ、我が家へ

f:id:hiro89898989:20170428134618j:plain

なんか変なポストがある!

薪が大量にある!(写真には写っていませんが、裏にもぎっしりあります!)

 

売主さんは本当に親切な方で、申し送りたい内容をノートに箇条書きにされていました。

うかがった内容は今後記事にしていきたいので、ぜひ読んでいただければと思います。

説明を聞いたり、一部ですが近隣に挨拶をしたりしてたら、あっという間に時が過ぎてしまいました。

 

その後、スーツに着替え職場へ挨拶して、実家に帰り一日が終了。

これを機に自分の人生が楽しい方向に向かえばいいなと思い床につきました。